中学受験に強いプロの家庭教師はこちら!

子どもの中学受験対策どうする? 『家庭教師』比較

お子様の中学受験を考えている親御さんへ。

 

受験を頑張るのは本人。でも、なるべくサポートし、背中を押してあげたい。

 

中学受験のために欠かせないのが、学校以外の学びどころ。

 

当サイトでは、受験対策におすすめの家庭教師をご紹介しています。

 

受験の勉強対策に、「塾」と「家庭教師」の選択肢が出ると思います。

 

どちらが良いか、それは個人差がありますが、塾通いが苦手、向いていない子にはやはり、家庭教師でしょう。

 

たとえば、分からない問題があっても熟では人目が気になって質問できない。これでは、学力を高めることができません。大勢との空間が苦手、他に間違いを知られたくない、そういったお子様に家庭教師が向いています。

 

マンツーマンで学べる、それが最大の特徴でしょう。

 

家庭教師にもいろいろとあり、そこからお子様に合っている、なおかつ優秀なところを選びたいものです。

 

たとえば、大学生がアルバイトで家庭教師をしているところもあり、そこでも学力が伸びることはありますが、ワンランク上のプロに頼みたい、そんな方に向けて、人気の家庭教師をご紹介いたします。

おすすめ 家庭教師 比較ランキング

タウンライフ家庭教師

おすすめポイント!

タウンライフ家庭教師は、個人に合った学習計画を提案しています。

 

全国の優良な家庭教師の中から、各ご家庭のお子様に合う教師を案内していますので、お子様にぴったりの家庭教師が見つけやすいのではないでしょうか。

 

マンツーマン授業で、得意分野だけでなく、お子様のレベルやペースに合う授業を進めることができます。

 

また、「体験授業」を用意。こちらのサービスでは、実際に選抜された家庭教師と授業を受けることができ、オリジナルの学習プランを提案してもらえます。

 

そこで、相性ややり方、料金体系も確認できますから、本契約への不安も解消できるのではないでしょうか。

 

公式サイトへ

個別指導塾ドクター

おすすめポイント!

塾という形態でも個別指導!

 

個別指導塾ドクターでは、中学受験専門のプロ講師が在籍。

 

有名中学受験の専門塾でトップクラスを担当した実績のあるプロたち、指導経験のあるプロ講師が、あなたのお子様の学習をサポート。

 

教科書以上の問題も指導してもらえますし、お子様の現状から学習中の様子、性格も確認して講師は選び抜かれます。

 

また、副担任までもがトッププロ講師のダブルティーチャー制であることも特長。学習中の悩みなども、相談しやすくなることでしょう。

 

無料体験がありますので、詳しくは公式サイトをチェックしてください。

 

公式サイトへ

学研の家庭教師

おすすめポイント!

学研の家庭教師は、これまでの豊富な経験・実績を活かしています。

 

登録データベースがあり、その中から家庭教師としての適性検査や面談にクリアしている講師が選ばれます

 

家庭教師を要請し、集中力のコントロール術も身についているので頼りがいがあります。

 

中学受験コースは、国私立中学校、中高一貫校の受験など、コースも複数あります。まずは無料の体験講座からお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

公式サイトへ

家庭教師と塾、選ぶならどっち?

お子様の中学受験を前に、悩まれるのが学び方。やはり、学力アップ、受験対策のためには学校以外の学び舎も必要になるでしょう。

 

独学ではやはり不安ですので、家庭教師や塾を利用される方が大方をしめています

 

では、家庭教師と塾、どちらがいいのでしょうか?

 

他にも、通信教育や個別指導塾などさまざまな、学習方法があります。どれがいいのか、はっきりということはできません。

 

ただ、そこで失敗はしたくないものです。子供のためだからこそ、しっかりと考えなくてはなりません。

 

まず、子どもの性格をみてみましょう。

 

「人がいる場所の方が集中しやすい、人見知りしない、人の前でも意見がいえる・質問できる」

 

このような場合、塾も向いています。

 

大勢いる場所が苦手、質問するのが苦手、人見知り、ミスを人に知られたくない」そういった場合は、家庭教師が向いているといえるでしょう。

 

次に学力面です。

 

基礎ができていて模試や偏差値がよく、塾のペースにあわせて学習できるのなら進学塾でも大丈夫でしょう。また、塾では宿題もありますので、そちらを家庭できちんとできるのなら塾も可能です。

 

一方で、学校や塾の授業ペースに遅れやすい、授業を理解しにくい、基礎ができていない、志望校に入れる偏差値がないときには家庭教師のマンツーマン授業が適しているといえます。

 

ひとりで勉強はしづらい、でも塾の環境が合わない、学習能力も志望校の偏差値には十分でない場合には、家庭教師があっているのではないでしょうか。

 

お子様とよく相談して決めることも大切です。

 

また、家庭教師と塾では、費用面にも違いが出てきます。

 

費用面だけでみると、やはり、家庭教師は高め、塾の方が安い傾向がありますが、そこは授業時間などでも違いが出ますし、費用をおさえても子どもに合わない学習法では成果につながりません。かといって費用が高く家計に負担がかかりすぎると大変ですので、予算は考えておくべきです。

 

ちなみに通信教育の場合はコストが中でも抑えられます。

 

個別指導塾でマンツーマンの授業を受ける手段もあります。いくつかの方法から、お子様に合った学習方法を検討してみてください。

現在、塾通いをされている方へ

家庭教師と塾、どちらかというと利用しやすいのは塾かもしれません。

 

周りの子、友達が通っているなどの理由で塾に入るお子様も多いです。

 

家庭教師の利用率が低いわけではありません。むしろ需要は高まっているといえるでしょう。

 

今現在の塾で満足しているなら、現状維持でも問題はないかと思います。

 

しかし、「このままでは・・・」と懸念があるのなら、見直すタイミングでしょう。

 

他の進学塾に移行する方法もありますが、家庭教師を検討してみてはいかがでしょうか。

 

たとえば、今塾で学習に励んでいても、下記に当てはまるような場合、塾があっていないのかもしれません。

 

  • 塾の授業ペースについていけない
  • 授業内容で分からないところを質問できない
  • 周囲になじめていない
  • 人が多く集中できない
  • 成績があがらない
  • 塾に行きたがらない

 

システム的にみて合わない可能性も高く、その場合は家庭教師に任せた方がうまくいく例も多いです。

 

中学受験についてお子様と話し合い、どういった学び方がいいか、いっしょに考えてみてはいかがでしょうか。

塾と家庭教師は両立するべき?

進学塾と家庭教師の両方を利用されるご家庭もあります。

 

たとえば、週3回塾通い、週1回家庭教師など。

 

頻度に違いはあれど、両立しているケースはあります

 

費用がデメリットともいえますが、それでうまくいき、成績もあがっているならいいかもしれません。

 

とくに、自宅学習がひとりではうまくできないという場合、家庭教師を利用するメリットがあります。

 

塾では一般的に宿題のシステムがありますが、それを家庭教師のもとで教えてもらい、分からないところを確認する復習というやり方もあります。

 

ですが、一本にしぼれたら、子どもの負担も減るものです。

 

塾通いがあっていない、うまくいかない場合には、家庭教師のみでもよいのではないでしょうか。

 

事実、家庭教師をつけているだけで受験対策を行い、合格している子も多いはずです。

家庭教師の費用はいくら?予算を決めよう

中学受験に挑むにあたり、進学塾や家庭教師は必須となるのではないでしょうか。

 

現在では家庭教師一本で受験に挑むご家庭も多いです。ただそれだけにしても、費用はかかります。

 

子どものために家庭教師をつけるにあたり、費用面はやはり気になるものです。

 

では、いくらくらいかかるものなのでしょうか。

 

費用については、業者によっての違い、年齢での違いなどがあるのですが、相場をみていきたいと思います。

 

6年生の学校補修の場合ですと、90分で約6,148円になるそうです。学生教師の場合は4,580円、プロなら8,485円と違いも出ます。

 

受験生の授業ではまた違いが出てきます。

 

学生教師なら上記にプラス450円、プロならプラス700円くらいとみえます。

 

週1の90分の授業ペースでみたとき、1ヶ月分ではまた費用はプラスされていきます。

 

合計の月額をざっとみると、学生の家庭教師の場合は約25,000円ほど、プロの家庭教師なら約34,000円ほどとなります。

 

また、補修生の場合は少しお安くなります。

 

学生とプロとの違いがあるのがひとつのポイント。

 

学生家庭教師でも学力があり、教え方も上手で、お子様との相性がいい場合もありますから、一概にはいえませんが、やはり任せるならプロという意見も多いです。

 

意識の違いから、学生はバイトでも家庭教師は自分の仕事ですので、そこでの違いもあるかもしれません。

 

授業料の割に合う充実した学習ができるかが大切です。

 

あらかじめ授業料は確認をとり、体験をしてみるのもいいでしょう。

中学受験に適したプロ家庭教師

お子様の中学受験、子どもが一番大変とはいえ、親としても心労があるものです。

 

サポートするためにできること、そのひとつが家庭教師選び。家庭教師に依頼し、受験をクリアしている元受験生は多いです。そのための家庭教師ですから。

 

家庭教師を雇うにあたり、学力を高める目的なのでそれが達成されないと意味がありません。

 

質のいい家庭教師に出会うためには、いくつかポイントがあります。家庭教師にもいろいろといますから。

 

まず、いい家庭教師の条件について。

 

大優先としては、教師の身分がわかることです。学歴、学生なら在学中の大学名、家庭教師歴、名前・住所など身分がしっかりとしているか、分かると安心です。

 

次に、意欲です。たかがバイトなどと考えている場合には、正直いってたよりになるとはいえません。

 

本気でお子様の学習力を伸ばしてくれるか、親身になって考えてくれる方が望ましいです。

 

また、授業中の様子、学力の様子を確認したいので、報告もしてくれるところが理想的です。

 

もっとも、優先したいことは、やはりなんといっても子どもとの相性です。

 

お子様と相性が悪いと、いくら学歴の高い家庭教師でも子どもの学力が伸びるとは限りません。

 

体験授業などを試してみて、子どもにも学習内容がいいか、確認してみましょう。

合わないと感じたら、家庭教師を変えてもらうか、もう一度見直してみるといい
でしょう。

学生の家庭教師はどう?プロ家庭教師を選ぶ理由

家庭教師を分類したとき、プロと学生バイトの2パターンあります。

 

中学受験のために家庭教師を利用する場合、どちらがいいのでしょうか?

 

どちらがいいかというのは一概にはいえませんが、やはり、プロ家庭教師を利用される方が多いようですね。

 

では、プロ家庭教師が選ばれる理由ですが、それはやはり一言でいうと「プロフェッショナルだから」でしょう。

 

もう少し具体的にいうと、経験値・技術力に優れていることが、プロ家庭教師を選ぶメリットです。

 

会社によっては研修も行っていますし、教え方もいくつか用意し、生徒に適した指導も行ってくれるでしょう。また、プロは仕事ですから、その意欲があり、気合も十分かと思います。

 

実績のあるプロ家庭教師に依頼することは不安要素も少なく、学習力アップもたいへん期待できます。子どもと相性がよければなお完璧です。

 

モラルも高く、ペース配分など総合的によく考えてカリキュラムを練ってくれるところが、プロ家庭教師のいいところといえます。

 

一方の学生家庭教師ですが、お子様と相性がよく、学生に刺激されて勉強に励む子も多いです。

 

ですが、学生家庭教師の質もピンキリといえるでしょう。

 

「たかがアルバイト」という意識で家庭教師をしている学生もいますし、本気で生徒の志望校合格を考えてくれるケースもあります。

 

ただ、学生の場合はスケジュール上、学業優先になり都合が合わないこともあります。

 

子どもとの距離感が近く親しみを持ちやすい面が最大のメリットではあります。

 

また、プロと学生では費用面も違いがありますが、コスト削減以前に、やはり質で選ぶべきといえます。

 

子どもの意欲を確認し、体験授業で試してみましょう。

中学受験を合格するまでのスケジュールの組み方

中学受験にあたり、計画はとても重要です。

 

さて、お子様の中学受験を検討される場合、いつ頃から対策を始めるべきなのでしょうか。

 

まず、志望校を決めるところからはじめます。一般的に4年生くらいで受験するか、それを決めていきます。

 

具体的に動き出すのが5年生頃からです。はじめに決めることは「志望校」です。志望校を決めることによって、目的ができ、目指す努力ができるようになります。また、学校別の対策にも対応します。

 

たとえば、作文試験を取り入れている場合は、読書の習慣や作文の練習も必要になるでしょう。

 

そして、受験生になる6年生に進級したら、新学期のうちに担任教師に受験する旨を伝えておきましょう

 

担任に調査書を依頼する場合もあります。また、受験に関する質問もしやすくなります。

 

夏には長期休暇があります。夏休みのうちの努力がとても重要です。家庭内学習や家庭教師はもちろん、夏期講習なども取り入れるといいでしょう。

 

オープンスクールの情報などは事前にチェックしておくべきです。また、休暇中にできることとして、ボランティアなどを取り入れることもいいでしょう。面接時のPRになります。

 

秋になると学校行事が増えます。たとえば、運動会、修学旅行など。子どもは学校の行事と勉強を両立します。それをサポートするのが親の役目です。この時期に、志望校の願書の申請方法などを確認しておき、明確に進めやすくしてください。

 

冬になると願書の提出時期になりますので、早めに提出を行ってください。この時期も勉強は大切ですが、それだけでなく体調管理も重要になります。

 

風邪やインフルエンザなどの感染症が流行する時期ですので対策しましょう。

 

受験日にそなえて、受験日の流れもお子様と一緒に確認してください。

 

持ち物、日程、スケジュール、交通手段も確認しておきます。

▲TOP